名古屋での会社設立と代行業者

名古屋には会社設立の代行業者がたくさん存在しています。
司法書士事務所、行政書士事務所、税理士事務所などといった法律事務所がそれです。
場合によっては弁護士事務所を利用するケースもあるでしょう。
しかし、いったいどの士業の事務所に代行業を依頼するべきなのでしょうか?
今回はケースごとに異なる依頼するべき代行業者について、解説をします。

まず、とにかく会社設立の知識も時間もない、一つの代行業者にまとめて全部依頼したい、という場合は、司法書士事務所か司法書士のいる法律事務所に依頼しましょう。
なぜ司法書士なのか、その理由は登記です。
名古屋で会社設立する場合、名古屋法務局で商業登記を行い、それが受理されて初めて会社が成立することになります。
つまり会社設立において、登記とはもっとも重要な手続きであると言えるのです。
そんな重要な登記ですので、基本的には自分で行うことが原則となっています。
しかしスケジュールの都合などで自分が登記申請に行けないケースは多々ありますよね。
そんなときに登記代行を依頼できるのは司法書士か弁護士のみなのです。
とくに司法書士は登記の専門家とも言える士業ですので、登記申請代行を含めた会社設立の全工程をサポート依頼するのであれば、司法書士を選択するべきなのです。

次は飲食店など許認可を必要とする業種で会社設立する場合です。
許認可の専門家と言えるのは、行政書士になります。
行政書士は書類作成のプロであり、とくに許認可については他の士業と比較してもかなり深い知識を持っていることが一般的です。
定款などの書類作成も併せて依頼するのが良いでしょう。

税務に関して不安がある場合は、やはり税理士でしょう。
税理士はその名の通り、税金のプロです。
定款の作成代行を依頼すれば、消費税課税など税金に関わる部分で有利な内容の定款を仕上げてくれるでしょう。
さらに登記後の税務署での手続きなども依頼することが可能です。

このようにケースバイケースで代行業者を選ぶことが重要なのです。