名古屋での会社設立と必要な費用

名古屋で会社設立するにあたって、必要となる費用は大きく分けて二種類です。
一つは会社設立後のために準備しておく資本金、もう一つは会社設立にあたって必ず必要となる、手続きにかかる費用です。

まず資本金についてです。
資本金は割合で言うと会社設立費用のほとんどを占めることが一般的な高額な費用ですが、じつは最低金額1円となっています。
かつては株式会社で1000万円、有限会社で300万円と資本金の最低金額が設定されていましたが、2006年の法改正でこれが撤廃されたのです。
蛇足ですが、このとき有限会社という制度もなくなりました。
もちろん1円の資本金で会社設立することなど現実的ではありませんが、必要以上の資本金を準備しなくてもよくなったので、総費用という意味では会社設立のハードルが非常に低くなったと言えるでしょう。
また、資本金は1000万円を超えると初年度から消費税課税になります。
そういった部分まで考えて、適切な資本金を準備することが重要なのです。

次に手続きにかかる費用です。
手続きに必要な費用として金額の大きなものは、登録免許税、印紙代、公証人手数料になります。
登録免許税は持分会社で6万円、株式会社で15万円です。
印紙代は4万円ですが、これは定款を電子定款にすることで発生しなくなります。
公証人手数料は株式会社設立の場合に行う定款認証でかかる費用で、5万円です。
持分会社設立の場合は発生しません。
他にも手続きのために必要な印章の購入費、印鑑証明書の発行代、定款の謄本手数料などが挙げられます。

この2種類の会社設立費用をよく考えて、自分の場合は実際にいくら必要なのかを計算しておかなければなりません。
もしも司法書士事務所などに会社設立の代行やサポートを依頼するのであれば、その報酬額もプラスして考える必要があります。
名古屋にはそういった専門家の事務所が非常にたくさん存在しているので、無料相談などを利用して複数の法律事務所を比較することが可能です。
低価格で能力の高い専門家がいる法律事務所を選びましょう。