名古屋で起業後、頼るべき専門家

名古屋で会社設立する際には、頼れる専門家がたくさんいますよね。
しかし、専門家を頼りたいのは会社設立時だけではありません。
起業後にこそ、専門家の力が必要になる場面が多々あります。
今回は会社設立時と起業後、外部の専門家とどうかかわってゆくのかについての解説です。

まず会社設立時ですが、専門家に複雑な手続きやそれに必要となる書類の作成について、相談したり代行してもらったりしますよね。
司法書士、行政書士、税理士といった専門家に依頼するのが一般的です。

起業後は会社の会計や法律が関わる部分で相談することが多くなります。
たとえば税務に関しては、税理士に任せていると言う企業も数多く存在していますよね。
信頼できる税理士と顧問契約を結んでいることも多いです。
税理士事務所の中には起業後の顧問契約を条件に会社設立時のサポートを無料化しているところもあります。

会社の顧問契約と言えば、弁護士を忘れてはなりません。
会社は規模が大きくなればなるほど、法的なトラブルも発生しやすくなりますよね。
違法なことは何一つ行っていなくても、取引先や従業員に訴訟を起こされる可能性もあります。
そんな会社の一大事に助けになってくれるのは、やはり弁護士なのです。
ある程度の規模になった会社が顧問弁護士を契約するのは、会社を守るための最善策と言えるでしょう。

このように会社は設立時だけでなく、設立後もたくさんの専門家と関わりながら経営してゆくことが普通なのです。
とくに事業の拡大を考えている場合には、税理士や弁護士の顧問契約も視野に入れておくと良いでしょう。

そしてやはり、顧問契約を結ぶのは信頼に足る相手でないとなりません。
税理士も弁護士もいろいろな人がいますよね。
人によって能力や性格もまるで違ってきます。
名古屋であればたくさんの法律事務所がありますので、自分の会社に適した相手を探すことも難しくないでしょう。
無料相談などを利用し、真摯に適切な対応をしてくれる相手を探し出しましょう。