名古屋での会社設立を司法書士に相談

会社設立を専門家に相談する際に、まず司法書士を候補に挙げる人は多いですよね。
名古屋はたくさんの司法書士事務所が存在していますので、とても選択肢の豊富な都市であると言えるでしょう。
しかしなぜ、司法書士を会社設立の際の相談相手に選ぶ人が多いのでしょうか?
税理士や行政書士など、司法書士以外にも会社設立の力になってくれる士業は存在していますよね。
今回は司法書士と言う士業と会社設立について、詳しく解説します。

なぜ会社設立に司法書士を相談相手に選ぶ人が多いのか、その理由を簡単に言うと「司法書士が登記の専門家だから」です。
司法書士という士業の主な業務は、登記に関わるものになります。
会社設立の際の商業登記だけでなく、不動産登記、法人登記などなど、あらゆる登記を司法書士は得意としています。
そもそも法律で登記申請の代行を許可されている職業は、司法書士と弁護士のみなのです。
「では弁護士でも良いのでは?」と思う人も多いかもしれませんが、実際に弁護士が登記代行を行うことはそれほど多くありません。
弁護士であっても業務の中で登記申請の代行が必要になった際には提携する司法書士に依頼することが多々あります。

つまり、会社設立の際に最初から最後まで一貫して依頼したい場合、実質的な選択肢が司法書士のみに絞られることが多いのです。
行政書士や税理士では登記申請の代行ができませんので、消去法で司法書士になりますよね。
それ故に、会社設立の際、司法書士をまず選択肢に挙げる人が多いのです。

しかし司法書士も人間ですので、能力の差はそれぞれに違ってきます。
経験と知識な司法書士に会社設立のサポートを依頼するためには、まず無料相談などを利用し、コミュニケーションをとってみることが重要になるのです。
名古屋には数多くの司法書士事務所がありますので、何軒か無料相談を行っている事務所を回ってみて、能力や対応力、自分との相性などを比較してから依頼するべき相手を決めるのがおすすめです。