会社設立までの日数は何をする?

 

・必要な手続きと申請
会社設立まで日数がある場合は、まず必要となる手続きと申請を行いましょう。
そもそもそれらを済ませないと、会社設立はできません。
定款を作成して認証してもらったり、各所に手続きや申請をして会社として認められることが必要となってきます。
その他、決してしておかなければならないことも多々あるでしょう。
そこは必要な手続きと申請をしっかり済ませておくことが重要となってきます。
まずは必要なことから徐々に進めていき、会社設立までの日数は準備期間として考えておきましょう。
この間に何もしないと、せっかく会社設立をしても、軌道に乗るまでに時間がかかります。
また、もし手続きや申請などに不備があった場合は、修正が必要となります。
そうなると足を引っ張られてしまって、スムーズな会社設立とならないかもしれません。
やるべきことをしっかりと考えて、先に済ませておきましょう。

 

・店舗や事務所の準備
会社設立で必要となってくるのが、店舗や事務所です。
自宅で起業や開業をするという場合でもあっても、準備は必要となってきます。
商品やサービスによって違ってきますが、会社としてやっていくためには最低限の店舗や事務所が必要となってくるので、そこは注意が必要です。
事実、会社設立をする場合は、働く場所が必要となってきます。
そうなった時、店舗も事務所も準備が進んでいないとなると、軌道にも乗れません。
まずは店舗や事務所となる物件を吟味し、そこをどのように使っていくのか考えていくことが必要となってきます。
個人事業主やフリーランスの方も、税金の申告や納付の時には店舗・事務所として使っている部分を費用として認めてもらうことも可能です。
そのため、やはりこれらに関してもしっかり決めておくことをおすすめします。

 

・役員や社員の選出
会社設立で重要となってくるのが、誰が役員をやって、誰が社員になるかという点です。
基本的に役員は経営陣となるため、資金を提供した人や出資した人などが選出されます。
社員となる人に関しては、人材募集で集めることもできますし、場合によっては引き抜いて色々な会社や企業から集めるということもできるでしょう。
これらの準備も会社設立までの日数で済ませておくことが必要です。
もちろん、絶対に決めておくべきことでもあるので、これらに関しては先に決めてしまっても良いです。
そこは自由に決めて、順調なスタートが切れるようにしましょう。

会社設立とクレジットカード

 

会社設立をする際、クレジットカードの使い道はあるのでしょうか。
事実、個人でクレジットカードを持っている方は多いですが、会社設立の際に作るという方もいるかもしれません。
色々な支払いにも使えるのがクレジットカードの良いところで、その他キャッシングを使うこともできますし、身分証明書として使うこともできます。
海外ではクレジットカードが身分証明書としても使えることが多く、会社や企業を経営している人も別途作っていることがあります。
もちろん、運営の際にクレジットカードを使うということは少ないですが、使い道は多々あるので、持っていて損はないかもしれません。
特に金策としてクレジットカードを使うというのは、使い方によっては便利です。
その他、クレジットカードに関しては身分の証明にもなるため、作成しておくと社会的な信用や信頼を得ることにも繋がっていきます。

しかし、気になるのが会社設立を目的にクレジットカードを作れるのかという点です。
クレジットカードを持つためには、安定した仕事と年収が必要となります。
当然ですがキャッシングする場合もショッピングする場合も、利用可能額というのが決まっていて、それに応じて返済なども必要となってきます。
クレジットカードの性質は、あくまでも返済が必要となってくる点に注意が必要です。
会社設立の場合もそうで、信用や信頼がない場合には作成することができません。
ただ、もともと個人で持っていたものを使うことは可能です。
特に近年はクレジットカードでキャッシングを行い、会社設立の事業資金に充てている方です。
クレジットカードの使い道は自由で、特にキャッシングに関しては魅力も大きいです。
ただ、クレジットカードは枠も決まっているため、大々的な資金が必要となる会社設立においては、使えないこともあります。
そこを見極めて使えるかどうか考えてみると良いのではないでしょうか。

なお、会社設立に必要となってくる諸経費などは、クレジットカードで支払うということも、今後できるようになってくるかもしれません。
すでに電子マネーへの注目も高まっていて、日本では現金よりも電子マネーを使っているところが徐々に増えてきています。
今後、よりクレジットカードの役割が大きくなってくれば、会社設立でも有効活用できる場合が増えてくるのではないでしょうか。
上手に使っていけば、とても役立つものなので、ぜひ持っておくようにしましょう。

会社設立初めての決算!必要書類は?

 

会社設立後、初めての決算をその内迎えることになるのですが、決算とはそもそもどのようなもので、どんな書類を作成する必要があるのでしょうか?
今回は、そんな決算に関する詳しい説明をまとめてみました。

決算とは、会社が一年間の損益収支を算出して出資者に公開することをいいます。
国や地方公共団体なども会社と同じように決算を行い、市民にその内容を公表しています。

会社の場合は、決算書にまとめた内容を決算公告として発表を行います。
株式会社の場合は、株式に投資する投資家が、その企業の成績を判断するのに決算書を見て出資の判断を下します。
ですから決算書は、間違っても嘘の情報を記載するのはNGであり、場合によっては粉飾決算に該当してしまうこともあるので、慎重に取り扱わないといけません。

さてそんな決算書ですが、どのような書類を用意すればいいのでしょうか?
決算書には、まず賃借対照表という書類があり、この書類に、お金をどこから調達して、何に使ったのかを記載していきます。

賃借対照表はバランスシートとも呼ばれていて、左に総資産を記載し、右側に負債と純資産記載します。
ここでは、負債は、資産に含まれる項目だと言うことを知っておかなければなりません。
よく相続の話で、負の財産という言葉がありますが、負債というのは会社にとってまさに負の「財産」ということになります。

この左右の金額は対象になり、流動資産と流動負債については、会社を運営する上で特に注目しておかなければならない項目となっています。
この他には、損益計算書というものもあります。

これは、どれだけの利益と損失が生じたのかを表す書類です。
これがマイナスになると、赤字経営ということになります。

続いては、キャッシュフロー計算書というものもあります。
これは、現金そのものの流れを示した書類になります。

最後は、株主資本変動計算書というものがあります。
これを見れば、会社が利益をどのように活用したのかが、一目でわかるようになっています。
これら4種類の書類が、決算の時には最低限必要になる書類となっています。
特に、青色申告事業者の場合は、決算書が必ず必要になりますので、不備の無いよう用意しておくことが肝心です。

ちなみに決算月をいつに設定すればいいのかと言うと、こちらは自由に決めることが出来るため、可能であるならば閑散期に設定しておけば、決算にとられる労力が本業を圧迫することがありません。
法人会社を設立すると、このように書類業務が多くなってしまいますので、経理を雇うか外部に会計を委託するかなどして、対策を行う必要があります。

会社設立を最安でおこなうコツ

 

会社設立を最安でおこないたい方も多いのではないでしょうか。
もちろん、事業としてこれからやっていくためには、極力ランニングコストはかけたくないものです。

しかし、実際にどれくらいの費用が必要になるかに関しては、把握していない方も多いのが特徴となっています。
事実、会社設立だけなら、そこまで費用はかかりません。
それこそ手続きに必要となる数千円や数万円があれば、誰でも会社設立はできるでしょう。

国でもどんどん会社が増えていけば良いと考えているため、より会社設立のハードルは低くなっています。
現行の会社法でも緩和が進み、近年はより手軽かつ気軽に会社を設立している方が多いです。
中には節税のために設立するという方がいるなど、その方向性は色々と変わってきていると言えるでしょう。
もちろん、使い方によっては会社設立も便利なので、できそうな方はやってみるというのも良いです。

では、最安で会社設立をおこなうコツとはどういうものなのでしょうか。
これらに関しては、事業によって違ってくるので何とも言えません。
ただ、無駄なコストを削減していくことによって、最安で会社設立をおこなうことは可能です。
知識がない場合は損をしてしまうことが多いので、まず知識がない方は専門家に相談してください。

司法書士や行政書士、社労士や税理士などが助けてくれます。
この手の専門家は費用がかかりますが、相談すれば必要な手続きの代行から節税までサポートしてくれます。
また、不足している知識なども補ってくれるので、そういう意味でもとても頼りになるのではないでしょうか。

最安とは言えませんが、専門家に相談すれば必要なものをすべて整えた状態で、事業を開始することができます。
それは、とても大きなアドバンテージになるでしょう。
特に近年は会社設立をする方が多くなっているので、アドバンテージを手に入れることは重要です。

また、最安で会社設立を目指すなら、どのような事業にするかも考えていくことが重要となります。
例えば、ITなどはかなり魅力も大きく、コストをほとんどかけずに会社設立をおこなうことができます。
パソコンさえあれば、他に必要なものはありませんからね。

その他、備品や設備が必要となる場合は、会社の運営に必要な経費として落としてしまうのが良いです。
そうすることで、実質は費用をかけずに導入することができます。
そうなれば、最安での会社設立も可能となるでしょう。
まずは専門家に相談してみてください。

また合同会社設立なら費用が少し抑えられます。
合同会社設立について

名古屋で起業後、頼るべき専門家

名古屋で会社設立する際には、頼れる専門家がたくさんいますよね。
しかし、専門家を頼りたいのは会社設立時だけではありません。
起業後にこそ、専門家の力が必要になる場面が多々あります。
今回は会社設立時と起業後、外部の専門家とどうかかわってゆくのかについての解説です。
続きを読む →

名古屋での会社設立を格安にする方法

結論から言うと、名古屋で会社設立する際に費用を格安で済ませる方法は、「自分で全て行うこと」です。
会社設立までにはさまざまな手続きがあり、必要となる書類もたくさんあります。
素人が自分だけで行うにはハードルが高いと感じる人も多いでしょう。
しかし、本当にそうでしょうか?
今回の記事では会社設立を格安で済ませるため、自分のみで全て終わらせるための知識と方法の解説です。
続きを読む →

名古屋での会社設立と代行業者

名古屋には会社設立の代行業者がたくさん存在しています。
司法書士事務所、行政書士事務所、税理士事務所などといった法律事務所がそれです。
場合によっては弁護士事務所を利用するケースもあるでしょう。
しかし、いったいどの士業の事務所に代行業を依頼するべきなのでしょうか?
今回はケースごとに異なる依頼するべき代行業者について、解説をします。
続きを読む →

名古屋での会社設立を司法書士に相談

会社設立を専門家に相談する際に、まず司法書士を候補に挙げる人は多いですよね。
名古屋はたくさんの司法書士事務所が存在していますので、とても選択肢の豊富な都市であると言えるでしょう。
しかしなぜ、司法書士を会社設立の際の相談相手に選ぶ人が多いのでしょうか?
税理士や行政書士など、司法書士以外にも会社設立の力になってくれる士業は存在していますよね。
今回は司法書士と言う士業と会社設立について、詳しく解説します。
続きを読む →