会社設立までの日数は何をする?

 

・必要な手続きと申請
会社設立まで日数がある場合は、まず必要となる手続きと申請を行いましょう。
そもそもそれらを済ませないと、会社設立はできません。
定款を作成して認証してもらったり、各所に手続きや申請をして会社として認められることが必要となってきます。
その他、決してしておかなければならないことも多々あるでしょう。
そこは必要な手続きと申請をしっかり済ませておくことが重要となってきます。
まずは必要なことから徐々に進めていき、会社設立までの日数は準備期間として考えておきましょう。
この間に何もしないと、せっかく会社設立をしても、軌道に乗るまでに時間がかかります。
また、もし手続きや申請などに不備があった場合は、修正が必要となります。
そうなると足を引っ張られてしまって、スムーズな会社設立とならないかもしれません。
やるべきことをしっかりと考えて、先に済ませておきましょう。

 

・店舗や事務所の準備
会社設立で必要となってくるのが、店舗や事務所です。
自宅で起業や開業をするという場合でもあっても、準備は必要となってきます。
商品やサービスによって違ってきますが、会社としてやっていくためには最低限の店舗や事務所が必要となってくるので、そこは注意が必要です。
事実、会社設立をする場合は、働く場所が必要となってきます。
そうなった時、店舗も事務所も準備が進んでいないとなると、軌道にも乗れません。
まずは店舗や事務所となる物件を吟味し、そこをどのように使っていくのか考えていくことが必要となってきます。
個人事業主やフリーランスの方も、税金の申告や納付の時には店舗・事務所として使っている部分を費用として認めてもらうことも可能です。
そのため、やはりこれらに関してもしっかり決めておくことをおすすめします。

 

・役員や社員の選出
会社設立で重要となってくるのが、誰が役員をやって、誰が社員になるかという点です。
基本的に役員は経営陣となるため、資金を提供した人や出資した人などが選出されます。
社員となる人に関しては、人材募集で集めることもできますし、場合によっては引き抜いて色々な会社や企業から集めるということもできるでしょう。
これらの準備も会社設立までの日数で済ませておくことが必要です。
もちろん、絶対に決めておくべきことでもあるので、これらに関しては先に決めてしまっても良いです。
そこは自由に決めて、順調なスタートが切れるようにしましょう。